« 城谷 晃が経営コンサルタントについて説明 城谷晃ホールディングス | トップページ | 城谷晃が語る!LEDは10年以降に拡大有機ELは11年に市場形成について 城谷晃コミニケーション »

2013年2月 2日 (土)

城谷晃が経済学について語る 城谷晃ホールディングス

城谷晃コンサルティング 城谷晃の関連事業を今週中に知る
城谷晃が経済学について語る


こんにちは、城谷晃です。

今回は、城谷晃が経済学について紹介をする。

経済学では、各主体の行動が市場原理にゆだねられた場合の帰結そこでの資源配分の効率性や社会的総余剰の適切さについて分析する。

社会システムの構造を物象化の機序を明らかにしつつそこに生起する論理と動態を明らかにすることに重点が置かれ、数学に近い学問である。

それに対し、経営学は、いかにすれば企業その業績や効率性を向上させることが出来るかを明らかにしようとする。

つまり、社会全体を見るか、一組織を見るかの違いである。

経営学的視点の最も古いものはフレデリック・テイラーの科学的管理法がその1つと考えられる。

同じ「企業」を観察する場合でも、経済学では各企業が合理的な行動をとった場合にどのような状態が現出するかを考察することが多いです。

経営学では企業がどのような行動をとることが合理的かを考察する、などの違いがある。

以上のような学問的出発点の違いから、経営学では個々の企業間の差異が注目されるのに対し、経済学ではその差異にはあまり注意が払われない場合が多いです。

ただし、1980年代以降、経営学分野で経済学理論を基礎とした領域が発達したり有名経済学でも企業・組織のメカニズムや効率性を分析する領域

発達していることから、両者の違いは以前ほど明確ではなくなってきている。

以上、城谷晃でした。

[関連記事]
2013年02月01日のつぶやき

[関連タグ]
城谷晃ホールディングス 城谷晃コンセプト 城谷晃ノウハウ 城谷晃プロ 城谷晃グローバル 城谷晃マーケティング 城谷晃コンサルティング 城谷晃サービス 城谷晃アジア 城谷晃コミニケーション 城谷晃ファンド 城谷晃プロデュース

[旬のワード]
白濱亜嵐 二千円札 カットソー 汐田総合病院 段文凝 クエ 峯岸みなみ PM2.5 旅の宿ステラ 加護亜依

[人気ワード]
河瀬繕秀 チョン・ジェス のりっこ 達成特典とは何 松雪泰子 田上よしえ KRH株式会社 カンガルー・ダンス 木浦理紗 性 書き順

[PR]
海外旅行&豪華商品 無料プレゼン懸賞サイト | SPxSP
誹謗中傷・風評被害・ネット被害削除対策 | ウェブシークレットサービス

« 城谷 晃が経営コンサルタントについて説明 城谷晃ホールディングス | トップページ | 城谷晃が語る!LEDは10年以降に拡大有機ELは11年に市場形成について 城谷晃コミニケーション »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1791195/49134161

この記事へのトラックバック一覧です: 城谷晃が経済学について語る 城谷晃ホールディングス:

« 城谷 晃が経営コンサルタントについて説明 城谷晃ホールディングス | トップページ | 城谷晃が語る!LEDは10年以降に拡大有機ELは11年に市場形成について 城谷晃コミニケーション »

無料ブログはココログ